YOU NO IT NAME

自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

Top page  1/59

HYTS

CATEGORYHYTS

HYTS / HYTS(1983)

HYTS HYTS _back


今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、HYTSのデビュー・アルバム「HYTS 地獄のフィッツ」となります。

"じごくのやみから でろでろ ばあ~♪" って主題歌で始まる『ドロロンえん魔くん』は、私が子供のころに観ていたテレビアニメ。閻魔大王の甥ッ子のえん魔くんは、人間を妖怪から守るために、地獄界から遠路はるばる人間界にやってきた、今風に言えばダーク・ヒーローといったところでしょうか。

 "ドロロンえん魔くん OP ED"
  →https://youtu.be/XZtMIyqYy6Q

テレビと並行して、「週間少年サンデー」にも漫画が連載されていたようですが、私が少年誌に出会うのは、まだもう少し先のこと。元々は永井豪先生のギャグ漫画だったらしいんですが、アニメの方は子供には結構暗ーく重い展開でしたね。特に最終回は、えん魔くんが敵に敗れて、一旦命を落としてしまうんです。これは今でも残っている子供のころのショッキングな記憶。まぁ、そのあと奇跡が起こりますが (*^^*)

さて、私はまた良くも悪くも騙されてしまいました。邦題の「地獄のフィッツ」、帯にはサンフランシスコのヘビーメタルとまで記載があります。

HYTS 002

HEAVY METAL KIDS 」といい、「 戦慄のメタル・ブギー 」といい、騙されたバンド名や邦題、ジャケット・デザインは数知れずでして、今後も小出しにご紹介させていただきますが、本作もまた、私がHR/HMに夢中だった若かりし頃のアルバムです。

 "LADY OF THE NIGHT 淑女の夜"
  →https://youtu.be/iFv0J28kMTA

「もう、何だよぉ」とレコードに針を落としてブツブツぼやきつつも、聴いているうちにノッてきている自分に気づきます。

ハッキリ言って、期待していたヘビーメタルではありませんでしたが、まずはメロディの良さが私を踏みとどまらせることに !(^^)!

 "BACKSTABBER 裏切者"
  →https://youtu.be/Wwkdb_SToN4

 "HOLD YOU THROUGH THE NIGHT 燃える夜"
  →https://youtu.be/AS9yX2n07Rg

1980年にアメリカはサンフランシスコで結成された4人組の彼らは、裏ジャケを見るとお分かりの通り、既になかなかのオッサンっぷり。新人らしからぬしっかりとしたサウンドは、派手さはありませんが、堅実なアメリカン・ハード・ドライビング・ロックを聴かせてくれます。同郷のMONTROSEやY&T、NIGHT RANGERといったところが同じ感じとしては、名があがっていましたが、私がリーダー・トラックを聴いて思い浮かんだのはコレ!

 "NEED YOU BAD" TED NUGENT
  →https://youtu.be/2zrckRBXNQA

HYTS 003

「WEEKEND WARRIOURS」(1978)
この "ギター銃" は、後に KANE ROBERTS が実際に特注してパクります。

ハード・ドライビング感もそうですが、ボーカルがCharlie Huhnの歌いっぷりとかぶってしまったのは私だけかな? TED NUGENTはデトロイト出身ですけどね (^-^;

似たようなミドル・テンポの曲調が占めているので、ちょっと飽きてきたかなぁ~ってところに、本作の中では出色とも言える、素晴らしいバラードが仕込まれています (^^♪

 "TEARS WILL FLOW 涙ながれて"
  →https://youtu.be/_nU6cAvi628

とは言え、このクラスのバンドは山ほど存在したんでしょうね。その中でもメジャーデビュー出来た彼らは、運も味方してくれたのではないかと思いますが、セールス的には全くの不発に終わります。人知れず2ndアルバム「LOOKING FROM THE OUTSIDE(1985)」もリリースされていますが、国内盤は出ず アールくん涙

私は好きなんですけどね。

その2ndアルバム、そしてTED NUGENTの良盤の数々は、また改めてご紹介できればと。

●Tracks

01.LADY OF THE NIGHT 淑女の夜
02.LOVEBLIND
03.BACKSTABBER 裏切者
04.BETTER WATCH OUT
05.THIS IS YOUR NIGHT ユア・ナイト
06.YOU'RE THE ONE
07.BACK ON THE STREETS
08.TEARS WILL FLOW 涙ながれて
09.LOVE TAKER
10.HOLD YOU THROUGH THE NIGHT 燃える夜

●Personnel

Pat Little - Lead Voacls, Guitars
Tommy Thompson - Vocals, Keyboards, Guitars
Stan Miller - Vocals, Bass
Roy Garcia - Vocals, Drums

Producer - Matthew King Kaufman

IMPELLITTERI

CATEGORYIMPELLITTERI

IMPELLITTERI / IMPELLITTERI(1987)

IMPELLITTERI IMPELLITTERI _back


今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、IMPELLITTERIのデビュー・ミニアルバム「IMPELLITTERI」となります。

いやぁ、暑い。まだ6月だというのに関東は梅雨が明けてしまいました。ハッキリ言って空梅雨ってヤツでしたので、これから水不足が少々心配。熱中症にも気をつけないとだな。冷房の使い過ぎで電力不足も...

ダアァァァァァァっ! ただでさえ暑苦しいのに、うっとうしいことばかり綴ってんじゃないよ、YOU NO IT NAME! 

(;^_^A ということで改めまして、やっぱり、 "夏" と言えば、ズバリ、IMPELLITTERIですよね!

えっ?! 意味が分かりませんか? それはですね、先日綴らせていただいた山下達郎さんが、以前、ご自身のラジオ番組、通称 『サンソン』で、好きなバンドだと仰ってたんですよね。2017年の酉年には "17th CENTURY CHIKEN PICKIN'" 、2020年の子年には "RAT RACE" をオンエアしたんです。どちらも「SCREAMING SYMPHONY(1996)」という同じアルバムに収録されている楽曲。まぁ、ただそれだけで、夏のイメージを勝手にこじつけただけなんですけど (^-^;

山下達郎さんはギタリストそしてギター・オタクとして、Chris Impellitteriの技術を評価していましたし、「SCREAMING SYMPHONY」はホントに好きなアルバムだったんじゃないのかな。意外に思う人が圧倒的に多い中、妙に納得していた私。

そして私もですね、今年の年初めに寅年に因んだバンドをいくつかベタねたとして綴らせていただきましたが、もうひとり虎といったら、この人を忘れていました。

新宿の街を走り回っていた新聞配達員の "新宿タイガーさん"   子供の頃から新宿に行けば、必ずと言っていいほど見かけた新宿の名物おじさんは、数年前に新聞配達はご引退されたそうです...何だか寂しいな。

閑話休題 アールくん笑顔

このデビュー・ミニアルバムは諸般の事情があって、国内盤は当時リリースされませんでしたが、兎にも角にもとんでも ない速弾きのギタリストが現れたということで、同好の間では話題沸騰のバンドでした。※1996年 国内盤初CD化

 "LOST IN THE RAIN"
  →https://youtu.be/i_YAyoSRdds

Yngwie以来、たくさんの速弾きギタリストが登場しましたが、その中で、当時は究極の速さを誇ったのがChris Impellitteriでした。しかしながら若気の至りとでも言いますか、弾いて弾いて弾きまくるフレーズばかりが目立って、何だかなぁっと。

 "BURNING"
  →https://youtu.be/G5UTHXBOvQ8

 "PLAY WITH FIRE"
  →https://youtu.be/0oOW8ut-d3s

やはり次作1stフル・アルバムの「STAND IN LINE(1988)」に軍配は上がりますが、ヘビーメタルとしての曲のカッコ良さでは、なかなかどうして負けてはいませんし、私は結構好きですね (^^♪

 "I'LL BE SEARCHING"
  →https://youtu.be/xgKBhb2icIk

でも、正直申し上げまして、この暑苦しいRob Rockの歌唱は、夏向きではないかなぁって、おいおい (*'ω'*)

さて、IMPELLITTERI関連のその他の作品は、また改めてご紹介できればと。

●Tracks

01.LOST IN THE RAIN
02.PLAY WITH FIRE
03.BURNING
04.I'LL BE SEARCHING

●Personnel

Chris Impellitteri - Guitars
Rob Rock - Vocals
Loni Silva - Drums

Producer – Mike Davis

『私的・温故知新録33』 JOHNNY WINTER AND


  『私的・温故知新録33』 

JOHNNY WINTER AND / JOHNNY WINTER(1970)

JOHNNY WINTER AND JOHNNY WINTER AND _back


今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、JOHNNY WINTER3枚目のアルバム「JOHNNY WINTER AND」となります。

はい、皆さん! 1981年にTBSで放送されていたTVドラマ『茜さんのお弁当』はご存知でしょうか?

茜さん(八千草薫)が経営する仕出し弁当屋の「あかね弁当」では従業員が相次いで辞めてしまい、深刻な人手不足に陥ってしまいます。どうやら競争相手の店に引き抜かれてしまったらしいのです。困りかねた茜さんのために従業員の渉(古尾谷雅人)が、昔、少年院で知り合ったツッパリ(死語?)時代の仲間4人を連れてくることに。で、その曲者たちが、公一(嶋大輔)、実(杉本哲太)、信夫(柄沢次郎)、俊(曽我泰久)の4人組みなんですが、まぁのっけから問題ばかりを起こすお約束のパターン。でもその問題児たちが、様々な経験の中で人の情に触れ、人間的に成長し、更生していくといった、時にホロリとさせられる良いドラマでした。

 "茜さんのお弁当 1話オープニング~エンディング"
  →https://youtu.be/H4QBaEtf8c4

懐かしい俳優陣の中に、THE GOOD-BYEの "ヤッチン" がいますが、皆さんは分かりますでしょうか? その前にTHE GOOD-BYEが分からないか アールくん汗

JOHNNY WINTER AND 002

"ジェームス・ディーンのように(1981)" JOHNNY

閑話休題

今回のアルバム「JOHNNY WINTER AND」を聴くまでの経緯は以下の流れ。

JOHNNY WINTER AND 003

「DANGEROUS GAMES(1986)」 ALCATRAZZ

からの、

JOHNNY WINTER AND 004

「SWEET EVIL(1977)」 DERRINGER

を通って、

JOHNNY WINTER AND 005
JOHNNY WINTER AND 006

「ALL AMERICAN BOY(1973)」、「SPRING FEVER(1975)」 RICK DERRINGER

ココから更に遡って、このJohnny Winterに辿り着くことになります。さて、Johnny Winterは1969年にアルバム 「JOHNNY WINTER」でデビューを飾ったアメリカ出身のギタリスト兼シンガー。2ndアルバムの「SECOND WINTER」まで組んでいた実弟のEdgar Winterらと分かれて、本作は新規一転、Rick Derringerを擁するMCCOYSとの合体劇となるのは、同好の間では、有名お話しではないかと。

 "GUESS I'LL GO AWAY"
  →https://youtu.be/oDh5CuiXy_E

このリーダー・トラックは、その後ライブの定番曲になるのかな。いきなりカッコいいギター・リフからJohnnyのしゃがれたボーカルが乗っかってきて、ロック・アルバムとしての掴みはOKといった感じ (*'ω'*)

 "ROCK AND ROLL, HOOCHIE KOO"
  →https://youtu.be/xbDl97F8TKM

ナント言いましても、本作のハイライトはこの "ROCK AND ROLL, HOOCHIE KOO" ではないかと。1973年にRick Derringerがソロでヒットさせる曲ですが、元々はここに収録されていたんですね。当然、Rick Derringer作の曲となりますが、此方のバージョンもロック色が濃い目でなかなかです (^^♪

とは言え、私的にはブルースやロックンロールばかりですと飽きてしまうのですが、本作を飽きずに聴き通せる仕込み が、ちゃーんとあるんです。

 "AM I HERE?"
  →https://youtu.be/_FzVYBTxjJI

ドラマーのRandy Zehringerが提供した "AM I HERE?" は、のっけから哀愁のコーラスで始まるバラードの佳曲。

 "LET THE MUSIC PLAY"
  →https://youtu.be/bvq1z6EnFLo

Alan Nicholls と Otis Stephens という方々の作った、本作の中では毛色の違うこれまた胸にグッとくるメロディ。

奇しくも、親分のJohnnyでもなければ、本作で4曲も提供しているRickの作った曲でもない楽曲に一番魅力を感じてしまった本アルバムは、Johnny Winterの作品のなかでは一番のロック・アルバムではないかと。

Johnny Winter、Edgar Winter、Rick Derringerらのその他の関連作品は、また改めてご紹介できればと。

JOHNNY WINTER AND 007

人に歴史あり (*^^*)

●Tracks

01.GUESS I'LL GO AWAY
02.AIN'T THAT A KINDNESS
03.NO TIME TO LIVE
04.ROCK AND ROLL, HOOCHIE KOO
05.AM I HERE?
06.LOOK UP
07.PRODIGAL SON
08.ON THE LIMB
09.LET THE MUSIC PLAY
10.NOTHING LEFT
11.FUNKY MUSIC

Bonus Tracks
12.GUESS I'LL GO AWAY(Live)
13.ROCK AND ROLL, HOOCHIE KOO(Live)

●Personnel

Johnny Winter – Vocals, Guitar
Rick Derringer – Vocals, Guitar
Randy Jo Hobbs – Vocals, Bass
Randy Zehringer – Drums

Produced - Johnny Winter and Rick Derringer
Production Assistants - Roy Segal, Edgar Winter

AIRPLAY

CATEGORYAIRPLAY

AIRPLAY / AIRPLAY(1980)

AIRPLAY AIRPLAY _back


今回ご紹介させていただくユニットのアルバムは、AIRPLAYの唯一作「AIRPLAY ロマンティック」となります。

さて、皆さんは1985年にTBSで放送されていたTVドラマ『毎度おさわがせします』はご存知でしょうか?

異性への好奇心ではち切れんばかりの思春期の子供たちを題材にした、絵に描いたようなドタバタ・ホームコメディドラマなんですが、現代では完全にコンプライアンスに抵触するであろう下ネタ満載の内容に、当時はくだらないなぁと周りに言いつつも、毎回観ていた私 (*'ω'*)

 "毎度おさわがせします 中山美穂 木村一八他プチ動画"
  →https://youtu.be/piTb5JV8rlE

本ドラマでデビューを飾った "みぽりん" こと中山美穂さんは、今では考えられない破天荒な役を演じていますので、初めてご覧になる方は、きっとビックリされると思います。

しかし、現在はこういうお下劣なTV番組の放送は、深夜枠でも難しんだろうなぁ。というか、今は、このレベルを遥かに通り越した動画が観れてしまうから関係ないのかな。その代わり、我々世代の想像力(妄想力)の豊かさは半端なかったですけどね。

AIRPLAY 002

"Romanticが止まらない(1985)" C-C-B

閑話休題 ('ω')ノ

さて、CHICAGO の" 素直になれなくて HARD TO SAY I'M SORRY (1982)" を聴いて、David Fosterに興味を持った私は、ちょっと遡って聴いたのが、このAIRPLAYでした。

 "STRANDED"
  →https://youtu.be/2pJFPVZqgiE

何ですか? この突き抜けた最高の産業ロックは! 力強いTommy Funderburkのボーカルに、またまたTom Kellyとの分厚いコーラス! しかし、私好みのバンドやアーティストにはこのTom Kellyの絡み率が高い (^^♪

 "LEAVE ME ALONE"
  →https://youtu.be/A4YMCw6fe7s

今やAOR界の大御所中の大御所となったDavid FosterとJay Graydonですが、当時はまだまだ売り出し中のふたり。そんな若かりし頃にふたりが意気投合して組んだAIRPLAYは、以降のアーティストや音楽シーンにとてつもない影響を与えた伝説的なユニットなんです。

AIRPLAY 003

 "IT WILL BE ALRIGHT"
  →https://youtu.be/rKM0M4-F1gY

 "SHE WAITS FOR ME 彼女はウェイト・フォー・ミー"
  →https://youtu.be/wH_-Jys7aZc

"IT WILL BE ALRIGHT" のような上質のバラードから、日本でのファースト・シングルとなった "彼女はウェイト・ フォー・ミー" といった曲まで、ホントこのアルバムは、ある意味、産業ロック、ポップスを一括りにしたベスト盤といっても言い過ぎではないかと。

また日本の音楽シーンも多分に漏れず影響受けまくりでして、よーく聴いてみますと、至るところにアノ曲、コノ曲の元ネタを見つけることができます。とんでもないミュージシャンばかりですから、演奏の安定感や技術の高さは言うまでもありませんが、何と言いましても曲、メロディに隙が無いと言いますか、イイ意味で売れる曲のひとつの「型」を、ふたりは作り上げてしまったような気がします。

 "AFTER THE LOVE IS GONE"
  →https://youtu.be/xEeGYpXYi14

ラストはEARTH, WIND & FIREのヒット曲 "AFTER THE LOVE IS GONE(1979)" のセルフ・カバーとなりますが、 Tommy FunderburkとBill Champlinのボーカルに、Jay Graydonのギターが絡む、この上ない贅沢なバラード !(^^)!

いやぁ、これはまさに "Romanticが止まらない" アルバムです...ベタが大好きな私、どうかご容赦願います。

さて、David FosterとJay Graydon関係のその他の作品は、また改めてご紹介できればと。

次はオマケです。

 "NOTHIN' YOU CAN DO ABOUT IT 貴方には何も出来ない" David Foster & Jay Graydon 1994
  →https://youtu.be/0L8rRMipzMg

アールくん

● Tracks

01.STRANDED
02.CRYIN' ALL NIGHT
03.IT WILL BE ALRIGHT
04.NOTHIN' YOU CAN DO ABOUT IT 貴方には何も出来ない
05.SHOULD WE CARRY ON
06.LEAVE ME ALONE
07.SWEET BODY
08.BIX
09.SHE WAITS FOR ME 彼女はウェイト・フォー・ミー
10.AFTER THE LOVE IS GONE

●Personnel

Jay Graydon - Guitars, Vocals
David Foster - Keyboards
Tommy Funderburk - Vocals

Jeff Porcaro - Drums
Mike Baird - Drums
David Hungate - Bass
Steve Lukather - Guitar
Ray Parker、Jr. - Guitar
Steve Porcaro - Synthesizer
Pete Robinson - Synthesizer
Jerry Hey - Trumpet, French Horn
Gary Grant - Trumpet
Steve Madaio - Trumpet
Bill Reichenbach Jr. - Trombone
Charlie Loper - Trombone
Lew McCreary - Trombone
Bill Champlin, Tom Kelly, Max Gronenthal - Backing Vocal

Producer - Jay Graydon, David Foster

BIG WAVE

CATEGORY山下 達郎

BIG WAVE / 山下達郎(TATS YAMASHITA)(1984)

BIG WAVE BIG WAVE_back


今回ご紹介させていただくアーティストのアルバムは、山下達郎さんのアルバムで、ドキュメンタリー映画『ビッグ・ウェイブ』のサウンドトラックとなります。

先日、仕事帰りにふと本屋さんに立ち寄り、以下の雑誌が目に止まりました。アレ?以前にも同じようなくだりがあったような...

BIG WAVE 001

"TATSURO'S MUSIC BOOK 山下達郎の音楽履歴書" ...この時点で既に購入する気 度数50% (*'ω'*)

パラパラっと頁をめくり、"山下達郎の全仕事リスト、449曲" ...

店員「¥880です」
私 「あ、じゃあ Suicaで」

BIG WAVE 002

その他にも山下達郎マニアのクリス松村さんが進行を務めるロングインタビューなど、なかなかの内容が盛り沢山ですが、私は "全仕事リスト" みたいなモノに弱い。現在ならインターネットであっという間に出てくるネタだとは思うんですが、何か雑誌といったカタチで持っていたいんですよね (^^;)

山下達郎さんといったら、その昔、次のCMが随分とテレビで流れていて認識した次第。

 "山下達郎 RIDE ON TIME 日立マクセル maxell"(1980)
  →https://youtu.be/c_QxU-Sz7tk

BIG WAVE 003

まだ私がギリギリTHE BEATLES(洋楽)に出会う前の頃で、このカセットテープのCM以外にも、この作品自体がレコード会社に猛プッシュされていたような記憶があります。とは言え、その後すぐに洋楽に目覚め、山下達郎さんはしばらく聴くことがなかったのですが、以前綴らせていただいた 大滝詠一 さんとの繫がりから、再び色々と漁ることに !(^^)!

 "サントリーオールドCM「 I LOVE YOU」山下達郎 3ヴァージョン"(1983-1984)
  →https://youtu.be/V0ag-U5fZ5s

当時、このCMも印象的でして、"I LOVE YOU~♪" のみの歌詞からなる山下達郎さん十八番のドゥー・ワップ&一人多重録音の楽曲。今でもたまに引っ張り出しては聴きたくなる最高の癒しの音楽です アールくん笑顔

 "THE THEME FROM BIG WAVE"
  →https://youtu.be/1HwDJhiv6FE

いやぁ~懐かしいな。このアルバムは当時楽しみにしていましたし、全曲英語詞というところにもグッとくるものがありました。そしてA面2曲目のこの圧倒的な爽快感に打ちのめされてしまい、私はロ〇ャースでバッタもんのサーフブランドTシャツを購入することに。

 "JODY"
  →https://youtu.be/OwRyX_chhOo

色白の陸(おか)サーファーは、次の曲に歌詞がついていることで、更に感動。

 "I LOVE YOU...Part II"
  →https://youtu.be/E73CrQVNoOo

次の曲は、以降結婚式の披露宴でよく使われていたバラードの名曲(さすがに最近はかからないかな)

 "YOUR EYES"
  →https://youtu.be/B9Lfs1Ff9HU

B面はTHE BEACH BOYSなどのカバーで構成されていますので、若かりし頃はA面ばかりを聴き、B面は "I LOVE YOU...Part I" まで飛ばしていました (;゚Д゚)

どうですか? 山下達郎さんをご存知でない方も、何処かで聴いた事のある曲ばかりではないでしょうか? でも改めて思うのは、現在でも十分に通じてしまう、色褪せることのない完成度の高さ...これは名盤かと。

BIG WAVE 004

因みに、購入した雑誌には新作「SOFTLY」の全曲解説まで付録でついています。さて、新作の出来は如何に...

その他の山下達郎さんの名盤・名曲の数々は、また改めてご紹介できればと。

BIG WAVE 005

これは我が家のお楽しみです。もう夏はそこまで来ていますね(^-^)

●Tracks

01.THE THEME FROM BIG WAVE
02.JODY
03.ONLY WITH YOU
04.MAGIC WAYS
05.YOUR EYES
06.I LOVE YOU...Part II
07.GIRLS ON THE BEACH
08.PLEASE LET ME WONDER
09.DARLIN
10.GUESS I'M DUMB
11.THIS COULD BE THE NIGHT
12.I LOVE YOU...Part I

●Personnel

Tats Yamashita – Guitars, Rhodes, Prophet 5, Vocoder, Percussion, Piano, Hammond Organ, Obx, Emulator, Vibe, Auto Harp, Glockenspiel, Drums, Backing Vocals
Jun Aoyama – Drums & percussion
Kohki Itoh – Bass
Hiroyuki Namba – Rhodes & Piano
Kazuo Shiina – Electric Guitar & Electric Sitar
Chuei Yoshikawa – Acoustic Guitar
Daisuke Inoue – Tenor Sax solo
Hidefumi Toki – Alto Sax solo
Satoshi Nakamura – Tenor Sax solo
Ryuichi Sakamoto – Poly Moog on "THIS COULD BE THE NIGHT"
Motoya Hamaguchi – Percussion on "THIS COULD BE THE NIGHT"
Ohno Group – Strings on "GUESS I'M DUMB"

Producer - Ryuzo “Junior” Kosugi & Tats Yamashita