自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

『私的・温故知新録 21』TALKING BOOK


  『私的・温故知新録 21』 

TALKING BOOK / STEVIE WONDER(1972)

TALKING BOOK TALKING BOOK


今回ご紹介させていただくアーティストのアルバムは、STEVIE WONDER15枚目のアルバム「TALKING BOOK」となります。

私は1980年にTHE BEATLESと出会い、そこから洋楽にのめり込んで、気に入った洋楽はジャンル問わず聴いてきました。それでもR&Bといった類いは、ヒット曲をエアチェックして聴く程度が殆どで、レコードを買ってまで聴くのはごく稀。

ある若かりし頃、私に奇跡の出会いが訪れます。まずPAUL McCARTNEY好きの私は2年振りの新譜「TUG OF WAR(1982)」を聴いて、このシングル曲にハマりました。

TALKING BOOK TALKING BOOK

次にCARMINE APPICEを掘り下げていた私は、BECK, BOGERT & APPICEの「LIVE IN JAPAN(1973)」の1曲目を聴いてあまりのカッコよさに、しばらく気を失ってしまいます。

TALKING BOOK

以上、ふたつの共通点は本題のアーティストとなるわけですが、私はここでStevie Wonderという人を初めて認識し、特にBECK, BOGERT & APPICEがカバーしている "迷信 SUPERSTITION" の元ネタが非常に気になってしまい、本作を貸レコード屋さんで借りることになります。奇跡の出会いってのは少々大袈裟かな (*^_^*)

 "YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE"
  →https://youtu.be/SbenaOqv4yQ

いきなり何ですか? この素敵な曲は! 優しくそしてソフィスティケートな楽曲に "ほわ~ん" とした気持ちになってしまいます。オープニングでソウルフルな男性シンガーのJim Gilstrapから始まり、続いて、とても柔らかな歌声の女性シンガーLani Grovesが歌って、Stevie Wonderに繋ぐという最高の流れです! コレは全米シングルチャート第1位となります。

 "MABY YOUR BABY"
  →https://youtu.be/J9bSLd5KzDQ

" ♪ Maby Your Baby Done Made Some Other Plans ♪ " のリフレインが耳に残る長尺のヘビー・ファンクですが、飽きずに曲に引き込まれてしまいます。Ray Parker Jr.による中間のギター・フレーズがこれまたイイ感じです。

 "LOOKIN FOR ANOTHER PURE LOVE"
  →https://youtu.be/NUn34tinbQk

この曲ではJeff BeckとBuzz Feitenがギターを弾いています。メロウな感じの佳曲ですが、ギター・ソロではBECK節が炸裂しますので、ギター好きにはお楽しみのところかと アールくん笑顔

 "SUPERSTITION"
  →https://youtu.be/ftdZ363R9kQ

これもまた全米シングルチャート第1位に輝いたファンキーな楽曲で、年代を感じさせるクラヴィネットの音が、またよろし! 本来はJeff Beckに楽曲提供する予定でしたが、諸般の事情でStevie Wonderの方が先にリリースする事ことになってしまいます。

そのお詫びとして、Jeff Beckの名盤「BLOW BY BLOW(1975)」に名曲 "哀しみの恋人達 CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS" を提供したというのは有名な逸話です。

TALKING BOOK

"迷信 SUPERSTITION" が目当てで聴いたアルバムでしたが、結果的には捨て曲無しの愛聴盤となりました! 因みに内容的には、ある意味これはロック・アルバムだと思っております。

その他のStevie Wonder作品はもとより、PAUL McCARTNEY、BECK, BOGERT & APPICEの作品も、また改めてご紹介できればと。

●Tracks & Personnel

01."YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE"

Stevie Wonder – Lead vocal, Backing Vocal, Fender Rhodes, Drums
Jim Gilstrap – First Lead Vocal, Backing Vocal
Lani Groves – Second Lead Vocal,Backing Vocal
Gloria Barley – Backing Vocal
Scott Edwards – electric bass
Daniel Ben Zebulon – congas

02."MABY YOUR BABY"

Stevie Wonder – Lead Vocal, Backing Vocal, Hohner Clavinet, Drums, Moog Bass
Ray Parker Jr. – Electric Guitar

03."YOU AND I (WE CAN CONQUER THE WORLD)"

Stevie Wonder – Lead Vocal, Piano, T.O.N.T.O. Synthesizer, Moog Bass

04."TUESDAY HEARTBREAK"

Stevie Wonder – Lead vocal, Backing Vocal, Fender Rhodes, Hohner Clavinet, Drums, Moog Bass
David Sanborn – Alto Saxophone
Deniece Williams – Backing Vocal
Shirley Brewer – Backing vocal

05."YOU'VE GOT IT BAD GIRL"

Stevie Wonder – Lead Vocal, Backing Vocal, Fender Rhodes, Drums, Moog Bass, T.O.N.T.O. Synthesizer
Jim Gilstrap – Backing Vocal
Lani Groves – Backing Vocal
Daniel Ben Zebulon – Congas

06."SUPERSTITION" 迷信

Stevie Wonder – Lead vocal, Hohner Clavinet, Drums, Moog bass
Trevor Lawrence – Tenor Saxophone
Steve Madaio – Trumpet

07."BIG BROTHER"

Stevie Wonder – Lead vocals, Hohner Clavinet, Drums/Percussion, Harmonica, Moog Bass

08."BLAME IT ON THE SUN"

Stevie Wonder – Lead Vocal, Backing Vocal, piano, Harpsichord, Drums, Moog Bass, T.O.N.T.O. Synthesizer
Jim Gilstrap – Backing Vocal
Lani Groves – Backing Vocal

09."LOOKIN FOR ANOTHER PURE LOVE"

Stevie Wonder – Lead Vocal, Backing Vocal, Fender Rhodes, Drums, Moog Bass
Debra Wilson – Backing Vocal
Shirley Brewer – Backing Vocal
Loris Harvin (Delores Harvin) – Backing Vocal
Jeff Beck – Electric Guitar
Buzz Feiten (Howard "Buzz" Feiten) – Electric Guitar

10."I BELIEVE (WHEN I FALL IN LOVE IT WILL BE FOREVER)"

Stevie Wonder – Lead vocal, Backing Vocal, Piano, Hohner Clavinet, Drums, Moog Bass

Produce - Stevie Wonder, Malcolm Cecil, Robert Margouleff

COMMENTS

4Comments

There are no comments yet.

hosoken

懐かしいですね。

スティービー・ワンダーは懐かしいですね。
僕の場合はレンタル屋でこのアルバムが気になって借りた
のがきっかけでスティービー・ワンダーのアルバムを聴きはじめました。

今でもすごく好きなアルバムです。
『YOU AND I』『SUPERSTITION』『BLAME IT ON THE SUN』が特に好きです。
本当にいいアルバムはどんなに時代が変わってもいいですね。

  • 2021/11/28 (Sun) 23:23
  • REPLY
管理人

管理人

hosokenさんへ

ホント本作は名盤だと思います。いつ聴いてもイイなぁとしみじみ感じますね。
実はソウルやファンク、R &Bといったところは、あまり知らないんですが、
スティービー ワンダーとプリンスは結構好きで、アルバムを通して聴いています。

  • 2021/11/28 (Sun) 23:54
  • REPLY

グラハムボネ太郎

普通は

カバーで、原曲の歌い方を崩すのに、この人はオリジナルの段階で独特に歌う。
歌うま王決定です。
ポヨンポヨンした鍵盤の音も最高です(^^)

  • 2021/11/30 (Tue) 08:18
  • REPLY
管理人

管理人

グラハムボネ太郎さんへ

ほんとに素晴らしい音楽(アルバム)に出会えると、ジャンルとか分け隔たりって
ものは、何処かに飛んで行ってしまいます。最高ですね。

  • 2021/11/30 (Tue) 10:00
  • REPLY