自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

BUILT TO DESTROY

BUILT TO DESTROY / MICHEAL SCHENKER GROUP(1983)

BUILT TO DESTROY BUILT TO DESTROY


今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、MICHEAL SCHENKER GROUP4枚目のアルバム「限りなき戦い BUILT TO DESTROY」となります。

さて皆さん、日本では1981年に公開された映画『戦争の犬たち THE DOGS OF WAR』はご覧になったことがありますでしょうか。
原作は「ジャッカルの日」で一躍有名になったイギリスの作家Frederick Forsythという人。因みに「ジャッカルの日」もその昔、映画化されています。

BUILT TO DESTROY 001

物語は、主人公である傭兵シャノン(Christopher Walken)が、イギリス政府から依頼を受けて、アフリカの独裁国家の政情を潜入調査するところから始まります。
そこでシャノンが見たものは、独裁者による恐怖政治に怯える人々。しかも、シャノンの行動を怪しむ軍隊は、彼を捉えて強烈な拷問をかけ、ボロボロとなったシャノンは強制送還されてしまいます。流石なのは自白をしないシャノンなんですが、不思議なのがそのまま生かして強制送還させる独裁国家 (*_*; どうにかこうにか生きて帰国したシャノンは、依頼主に調査報告をしますが、そこで彼が知るのは、プラチナ鉱山の利権を狙ってアフリカの小国にクーデターを企てている資産家や取り巻く悪党たちの存在...そして陰謀。
シャノンは幾つかの葛藤の末に、傭兵仲間を招集し、兵、武器を集めて新たな戦争(クーデター)に赴く決意をします。再潜入の末に、最終的にシャノンが取った行動とは...。

この映画は、今回のアルバム「限りなき戦い」のリリースと同時期に、リバイバル上映で観た映画でしたが、初めて友人と観た真面目な映画でもありました (*^^*) 何よりもChristopher Walkenの怪演技は強烈な記憶として残り、以降、彼が出演している作品は殆ど鑑賞しています。

 "THE DOG OF WAR 戦争の犬たち"
  →https://youtu.be/0U7yLQ9lbIY

そのような訳で、この "THE DOG OF WAR" をイイ曲だと言われる人には出会ったことがありませんが、私は大好きな楽曲なんです。でも訳詞とかを確認しますと、本映画にインスピレーションを受けたのではないのかなと勝手に思い込んでいます ('ω')ノ

BUILT TO DESTROY 002

大分端折らせていただきますが、本アルバムには、もうこれまでに語り尽くされている逸話があります。当時、私はこの新譜を心待ちにしていて、親にお小遣いを前借りしてまで購入したアルバムでした。

 "ROCK MY NIGHTS AWAY"
  →https://youtu.be/63qL2HCzai4

このAndy Nyeのキーボードから始まる "ROCK MY NIGHTS AWAY" は、私的には "掴みはOK!" のガッツポーズものでしたが、お嫌いな方も沢山いらっしゃるようです。と言いますか、本アルバムは所謂賛否両論の作品でして、「マイケル! そこまでしてもアメリカで売れたいのか?!」みたいなご意見を、当時は仲間内からも耳にしています。

 "I'M GONNA MAKE YOU MINE"
  →https://youtu.be/NPyICIuECEk

Gary Bardenがいたからこそ生まれた佳曲!

私にしてみれば、ポップでキャッチーで何が悪いんだろう?って感じでしたし、何と言っても曲がイイ! 特に次の聴き応え十分のドラマティックな楽曲は、私的にはMICHEAL SCHENKERの作品の中では、上位に食い込む名曲かと。

 "RED SKY"
  →https://youtu.be/QLn-6KBpagM

で、逸話についてですが、私が購入した数か月後にリミックスをかけて、違うバージョンの「限りなき戦い」がリリースされるって言うんですよ。

BUILT TO DESTROY 003

兎にも角にもMICHEAL SCHENKERの周りには、彼自身の悪さもありつつ、様々な問題が付いて回っていて、当時もマネージメント契約絡みで、本作をアメリカで売る条件としてリミックスとサイド・ギター(兼ボーカル)の採用が挙げられたとか。そんなこんな理由から世の中には2種類の「限りなき戦い」が存在することになるのです。

BUILT TO DESTROY 004

リミックス盤ではTed NugentのバンドにいたDerek St. Holmesが採用されています。

 "SYSTEMS FAILING"
  →https://youtu.be/KDBJmjmRb-4

この曲も好きだなぁ (^^♪

私は殆ど意地で、オリジナル・バージョンを聴き続けましたが、数年経って中古レコード屋さんで購入したリミックス盤を聴いてビックリ! のっけのイントロから全く違っていたもので...アールくん汗

しかし、現在はCD1枚でどちらのバージョンも聴けて、動画サイトもあるということで、現代の若者は羨ましい限り。何はともあれ、私的には本作がMICHEAL SCHENKER全盛期最後のアルバムと捉えており、以前綴らせていただいた「 黙示録 ASSAULT ATTACK 」とともに、いまだに引っ張り出しては聴いている良盤です。

孤高の天才ギタリストMICHEAL SCHENKER...正直もうここ数年は新譜に手を出していませんが、また出ますよね。何やかんや言っても気になってしまうのは、我々世代は致し方のないことかと (^^;)

BUILT TO DESTROY 005

MICHEAL SCHENKER絡みの数々の名盤は、また改めてご紹介できればと。

因みに、ベンツを破壊している本ジャケットのデザインは、John Pascheという英国のアートデザイナーが手掛けていますが、この方、THE ROLLING STONESのあのベロマークを考案された方だそうです。

●Tracks

01.ROCK MY NIGHTS AWAY
02.I'M GONNA MAKE YOU MINE メイク・ユー・マイン
03.THE DOG OF WAR 戦争の犬たち
04.SYSTEMS FAILING
05.CAPTAIN NEMO
06.STILL LOVE THAT LITTLE DEVIL 魔性の女
07.RED SKY
08.TIME WAITS(FOR NO ONE) タイム・ウェイツ
09.ROCK WILL NEVER DIE
※当時09.の曲目は"WALK THE STAGE"
※リミックスを担当したのはJack Douglas!

Bonus Tracks
10.ROCK MY NIGHTS AWAY (Original Mix)
11.THE DOG OF WAR 戦争の犬たち (Original Mix)
12.CAPTAIN NEMO (Original Mix)
13.STILL LOVE THAT LITTLE DEVIL 魔性の女 (Original Mix)
14.RED SKY (Original Mix)
※私の所有するCDは2000年国内再発盤

●Personnel

Michael Schenker – Guitars
Gary Barden – Vocals
Chris Glen – Bass
Ted McKenna – Drums
Andy Nye – Keyboards

Derek St. Holmes – Sings the verses on the American Remix of "STILL LOVE THAT LITTLE DEVIL", Gary Barden sings both verses and chorus on the UK Mix.

Producer – MICHEAL SCHENKER GROUP & Louis Austin

COMMENTS

4Comments

There are no comments yet.

blackmore1207

こんばんは。
一旦発売されてアメリカ向けにUS mixを発売しCDはその両方を収録していますね。
大した違いもなくないんですが、唯一にして最大の違いは1曲(Still Love That Little Devil)のみゲイリーバーデンじゃないて、ディレク・セント・ホルムスが歌っていることですね。
ゲイリーではアメリカで戦えないとの判断だと思われ、スーパーロックではレイ・ケネディを投入したがリハ不足で結果バンドは崩壊でした。
マイケルのギターを堪能するならこのアルバムまででしょうか?

管理人

管理人

blackmore1207さんへ

こんばんは。
Robin McAuley時代も聴いてましたが、そうですね、
私的には繰り返し聴いているアルバムはここまでです。
あの胸を締め付けるようなメロディは、もう新たに生
まれる事は...無いかなぁ。

  • 2022/05/09 (Mon) 17:43
  • REPLY

グラハムボネ太郎

トータルでは

このアルバムがナンバーワンに好きです。もしくは反則ですか次のライブアルバム(^^)
マイケルのギタメロとゲイリーの歌メロが完璧に「黒柳さぁ〜ん!」した作品。

  • 2022/05/09 (Mon) 18:48
  • REPLY
管理人

管理人

グラハムボネ太郎さんへ

マッチでぇ〜す!ケジメ!
やっぱりそうですよね。あのライブアルバムもそう言った意味では
全盛期に含まれます。しかし、お兄ちゃんとは仲良くして欲しいなぁ。

  • 2022/05/09 (Mon) 19:14
  • REPLY