自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

QUEENSRYCHE

CATEGORYQUEENSRYCHE

QUEENSRYCHE / QUEENSRYCHE(1983)

QUEENSRYCHE QUEENSRYCHE


今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、QUEENSRYCHEのデビューEP「QUEENSRYCHE」となります。

バンド名には、Yの上に点点が付くんですが、どうやってつけるのか分からなくて省いていますって、どうでもいい切り出しから (*'ω'*) で、このバンドは当時、鼻息を荒くした友人が「凄いのが出たぞ!」とイヤホンを耳に突っ込んできたのが、私とQUEENSRYCHEの出会いとなります。

 "QUEEN OF THE REICH 女王の国"
  →https://youtu.be/i0_THrxYs1w

1981年に違うバンド名で結成されたアメリカのバンドとなりますが、プログレッシヴメタルの先駆者的な位置付けで名を馳せることに。その後は類似系のフォロワーがウジャウジャと出現し、特にボーカルのGeoff Tateもどきが彼方此方で現れます (^^;) 現在はもはや彼の歌い方は、へビィメタル唱法のひとつと言っても過言ではないかと。

さて、バンド名の由来ともなったリーダートラックの "QUEEN OF THE REICH" はヨーロピアン・テイストの正統派なへビィメタルで、俗に言う様式美や構築美を誇る佳曲。

がっ! 私は当時、ハマりにハマっていたアルバムがありました。

QUEENSRYCHE 001

 "WHERE EAGLES DAR イーグルス・デア" IRON MAIDEN
  →https://youtu.be/NGqbJiq675s

「頭脳改革 PIECE OF MIND(1983)」は、私的にはIRON MAIDENの中では1、2位を争う作品であり、当時はココがへビィメタルの基準ラインとなっていました。

 "THE LADY WORE BLACK 喪服の女"
  →https://youtu.be/MXo0pnX6kkw

当然ながらIRON MAIDENの域にはまだまだ達してはおらず、友人には申し訳なかったのですが、ソコまで大袈裟なリアクションは取れませんでした。でも1点だけ誤解を恐れずに申し上げますと、歌はBruce DickinsonよりもGeoff Tateの方が上手いんじゃないかと (*_*;

 "THE PROPHECY"
  →https://youtu.be/AxVmkmNcAi4

このデビューEPは友人に録ってもらったカセット・テープをずっと愛聴していましたが、CD化された際に購入! ボーナス・トラックとして収録された "THE PROPHECY" が意外にも佳曲だったので得した気分に (^^♪

QUEENSRYCHE 002

次作フル・アルバムの「THE WARNING 警告(1984)」からプログレ色が強くなり、「RAGE FOR ORDER 炎の伝説(1986)」と良盤が続きます。世間では「OPERATION:MINDCRIME(1988)」がへビィメタルの歴史を変えた名盤とされていますが、私的にはこのデビューEPから「炎の伝説」までが彼らのMAX アールくん笑顔

それらの作品は、また改めてご紹介できればと。

●Tracks

1.QUEEN OF THE REICH 女王の国
2.NIGHTRIDER
3.BLINDED 盲目の行進
4.THE LADY WORE BLACK 喪服の女

5.THE PROPHECY
※私の所有するCDは1988年国内初CD化盤

●Personnel

Geoff Tate – Lead Vocals
Michael Wilton – Lead Guitar
Chris DeGarmo – Rhythm Guitar, Backing Vocals, Lead Guitar on "QUEEN OF THE REICH" and "THE LADY WORE BLACK"
Eddie Jackson – Bass, Backing Vocals
Scott Rockenfield – Drums

Producer - QUEENSRYCHE & Neil Kernon(track 5)

COMMENTS

4Comments

There are no comments yet.

blackmore1207

こんばんは。
この頃のメンバーが一番ベストでしたね。
確かにちょっとメイデンぽい気もいたします。90年?だったか来日行きましたがなかなかよかったです。

管理人

管理人

blackmore1207さんへ

こんばんは。
私もこの頃のメンツと音が一番好きでした!
90年の来日は、バンドが乗りに乗っていた時代でしょうから、
かなり盛り上がったんじゃないですか?!

  • 2022/05/23 (Mon) 19:49
  • REPLY

グラハムボネ太郎

実に名盤

というか、一曲目の衝撃ですね。
おっしゃる通りで、この後ジェフ・テイトスタイルのボーカルがどんどん出てきましたね。
私はクリムゾン・グローリーのファーストが神アルバムです

  • 2022/05/24 (Tue) 09:37
  • REPLY
管理人

管理人

グラハムボネ太郎さんへ

確かにこのEPはなかなかのものがありましたが、
次の1stフルとクリムゾングローリーの1stは
良い意味で、異質なものを肌で感じましたね。

  • 2022/05/24 (Tue) 13:20
  • REPLY