自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

LOVE AT FIRST STING

CATEGORYSCORPIONS

LOVE AT FIRST STING / SCORPIONS(1984)

LOVE AT FIRST STING LOVE AT FIRST STING_back


今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、SCORPIONS9枚目のアルバム「LOVE AT FIRST STING 禁断の刺青」 となります。

さて、1973年に公開されたブルース・リー主演の映画『燃えよドラゴン』が世界中で大ヒットとなり、空前のカンフー・ブームが巻き起こります。私も、トイレットペーパーの芯を2本用意してヌンチャクを作成しましたが、軽すぎて全く満足のいくモノにならず、次にラップの芯で作成したところ、重量は申し分のないモノが出来上がりましたが、食卓の醤油の容器を倒し、こっ酷く叱られてヌンチャク禁止令が発令されたのは言うまでもありません アールくん汗

で、そのブームに便乗したアクション・ドラマ、『闘え!ドラゴン』は最高でしたね。"和製ドラゴン" こと倉田保昭さんが演じる不知火竜馬役に、子供の頃は大興奮でした!

また、ブルース・リーのあの雄叫び? 「アチャ~」を、主人公の闘うシーンに使用(模倣?)した『破裏拳ポリマー』にも私はハマっていました (*^^*) 『闘え!ドラゴン』とともに、1974年に放送されていたTV番組です。

 "破裏拳ポリマー OP ED"
  →https://youtu.be/5Xcviy8TzRA

閑話休題 (*'ω'*)

前作の「 BLACKOUT 蠍魔宮 (1982)」でアメリカでのブレイクを果たし、いよいよアメリカ~世界制覇に向けてリリースされた本作でしたが、もうこの掴みのリーダートラックを聴けば、文句をつける人は誰もいないでしょう。

 "BAD BOYS RUNNING WILD"
  →https://youtu.be/8h3Gg7Z791M

前作で確立したザックザクのソリッドなリフとキャッチーなメロディ・ラインは健在で、その極めつけの曲と言っても過言ではない、この重厚かつ破壊力のあるリフに、私は感動して言葉を失います(^^♪

 "ROCK YOU LIKE A HURRICANE ハリケーン"
  →https://youtu.be/UCxgbOBVSfM

LOVE AT FIRST STING 004

歌詞には "For love at first sting♪" と入っていることから、本作のタイトル・ソング的な楽曲なのかな。いやぁ、仲間内では「 "ハリケーン" は凄えぇぇ」と、HR/HM談義に花を咲かせていたアノ頃が懐かしい。

そして次の "BIG CITY NIGHTS" も、80年代のヘビー・メタルを代表する哀愁の美メロな楽曲。

 "BIG CITY NIGHTS"
  →https://youtu.be/LBJQEJKBq-k

Uli Roth(Gt)時代の暗い翳りのある欧州サウンドは大分薄まってしまいましたが、その辺りがお好きな方には堪らないのが次のパワー・バラード。

 "STILL LOVEIG YOU"
  →https://youtu.be/7pOr3dBFAeY

たっぷりと情感を込めて歌い上げるKlaus Meineの歌唱力は脱帽モノ! Rudolf Schenkerの泣きのギター・ソロも楽曲を盛り上げながらのフェードアウト...感動の余韻に浸るっていうのは、正にこういう事なんだろうなぁ(^-^)

さて、SCORPIONSのその他の名盤の数々はまた改めてご紹介できればと。

LOVE AT FIRST STING 005

Klaus、Rudolf、Matthiasの御三方はまだまだお元気ですよ~ !(^^)!

●Tracks

01.BAD BOYS RUNNING WILD
02.ROCK YOU LIKE A HURRICANE ハリケーン
03.I'M LEAVING YOU
04.COMEING HOME
05.THE SAME THRILL
06.BIG CITY NIGHTS
07.AS SOON AS THE GOOD TIMES ROLL
08.CROSSFIRE
09.STILL LOVEIG YOU

●Personnel

Klaus Meine – Lead Vocals, Backing Vocals
Rudolf Schenker – Rhythm Guitar, Lead Guitar(on 6, 7 & 9), Backing Vocals
Matthias Jabs – Lead Guitar, Rhythm Guitar(on 6, 7 & 9), Backing Vocals
Francis Buchholz – Bass, Moog Taurus, Backing Vocals
Herman Rarebell – Drums, Backing Vocals

Producer - Dieter Dierks

COMMENTS

8Comments

There are no comments yet.

ギターマジシャン

燃えよドラゴン

閑話のほうに反応してすみませんが、中学時代、燃えよドラゴンに夢中になった世代で、自分はすりこぎに黒いビニールテープを巻いて、それっぽくヌンチャクを作りましたが、鎖をうまく接着できず、すぐにすっぽ抜けて、家具を破壊し、管理人さんと同様禁止令となりました。

スコーピオンズは、エロい(?)ジャケットばかりだと話題になり、これはレジに持っていけないなあと同級生でも聴いている人は少なかったです。

マイケル・シェンカーの「神~帰って来たフライング・アロウ」が大ヒットした時に、遡ってUFOやスコーピオンズを聴く友人が多かった記憶です。

  • 2022/08/11 (Thu) 06:52
  • REPLY
管理人

管理人

ギターマジシャンさんへ

私は鎖の部分は凧糸でした(笑) そうなんですよ、スコピのジャケットは、本作含めて、ほぼ全てが発禁になってましたし、エロい
ジャケットは、貸レコード屋さん然り、カウンターに持って行くのにモジモジしていました(レジが女の子だったりすると尚更) 余談ですが、当時、日本は毛はNGで、「ヴァージンキラー」のジャケットはOKって、欧米諸国とだいぶ感覚が違いましたね^ ^

  • 2022/08/11 (Thu) 07:11
  • REPLY

SMO

こんばんは。
スコーピオンズにもマイケル・シェンカーにも一切触れません(笑)
リーについてはまた今度(笑)
ポリマー、うち田舎でチャンネルが少なく、放映されなかったんですよ。今考えると、一番重要な幼少期に、後に名作と言われる数々のアニメがすっ飛ばされていたことに怒りを覚えます(笑)
今度、アニメ主題歌名曲について語りましょう(笑)

  • 2022/08/11 (Thu) 22:46
  • REPLY
管理人

管理人

SMOさんへ

そうでしたか...『破裏拳ポリマー』は『新造人間キャシャーン』と双璧を成す名作アニメです。でも今はネットで鑑賞できますから、一気に取り戻せます!因みにポリマーの主題歌には、ちょっと『ゲッターロボ』入ってますよね(^-^) アニメ主題歌談義は是非とも!

  • 2022/08/12 (Fri) 00:55
  • REPLY

グラハムボネ太郎

好きだなぁスコピ

スコピは本当に飽きません。
一番好きなアルバムは『WORLD WIDLIVE』
リフが好きなのか、合間合間のマティアスの合いの手ギターが好きなのかと思ったけど、一番好きなのはハーマンのドラムの音(^^)
そんな私です、ハイ。

  • 2022/08/13 (Sat) 07:22
  • REPLY
管理人

管理人

グラハムボネ太郎さんへ

本作からの「WORLD WIDLIVE」で、ホント盛り上がりました。2015年にリリースされた結成50周年デラックス・エディション(DVDとの2枚組)は音も良くなって、これは良い買い物でした。でも...ハーマンのソロ2枚は、私的にハズシました^^;

  • 2022/08/13 (Sat) 08:01
  • REPLY

ももPAPA

こんにちわ♪

台風の影響のほう 大丈夫でしょうか?

お盆の時期にやってくる台風っていかがなものかと自然現象ではあっ
ても思ってしまいます。

「闘え!ドラゴン」 ありましたね~ 自分も毎話外さず観てました。
倉田保昭さんの超人的なアクションに自分も惹かれたものです。
燃えよドラゴンの あの衝撃を纏いながら 千葉真一さんの殺人拳シ
リーズも全部DVD化して今も手元に保管してます。
あの、肉体派アクション俳優のヤン・スエさんも好きでしたね。

スコーピオンズは、当時 確か日本で、そのジャケットで発禁となった?
ヴァージン・キラー前後から聴いてハマったのが最初でした。
あのマイケル・シェンカーがメンバーに加わったり脱退したりとメンバ
ーの出入りの激しいバンドでしたが、アメリカへの進出と成功は彼らに
とって大きかったですね。

管理人

管理人

ももPAPAさんへ

こんばんは!

今回の台風は、風はそんなに強くなく、所謂雨台風ってヤツですね。まだどしゃぶりです。倉田さんは「闘え!ドラゴン」のあとの、Gメン75香港ロケシリーズも好きでした。そこにヤン・スエさんも出演していた記憶があります。

はい、本作のジャケットも、しっかりと発禁になっています(^^;) スコーピオンズはドイツのHR/HMを世界に広めた先駆者でもあり、彼らがアメリカ制覇を成し遂げていなければ、ジャーマン・メタルなんて言葉はマイナーなものだったかもしれませんね(^^♪


  • 2022/08/13 (Sat) 18:59
  • REPLY