自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

DOWN TOWN

CATEGORYepo

DOWN TOWN / EPO(1980)

DOWN TOWN DOWN TOWN _back


今回ご紹介させていただくアーティストのアルバムは、EPOのデビューアルバム「DOWN TOWN」となります。

その昔、こんな私でも所謂 "学習塾" に通っていた時期がありました。今思えば、幼少期からバイオリン、合氣道などなど、両親は私に色々と投資をしてくれていたわけで、それらが役に立っているのかどうかは別にしても、今こうして、どうにかまぁ普通の暮らしができているのは、両親のおかげなんだとつくづく想う今日この頃。

話しを "学習塾" に戻しますと、地元の駅前にあった特に名門エリート塾とは程遠い普通の学習塾でしたが、駅前ということもあってか、隣町の学校の生徒なんかも通っていました。これがまた当時は、違う学校の生徒と知り合い、友達になるのが、実に新鮮な気持ちが味わえて、私はソレが楽しみで通っていたようなもの。そんなある日、隣町の生徒が私に「知り合い?のお姉さんが今度歌手でデビューするんだ」と話しかけてきました。親戚だか、友人のお姉さんだか、記憶は曖昧なんですが、ちょっと自慢気な彼は、翌週になってカセット・テープに録って持ってきてくれたんです (*'ω'*)

 "DOWN TOWN"
  →https://youtu.be/Lw4NivD_xZ4

そんなに期待もしていなった私でしたが、これが意外にもイイ感じの曲だったことに驚いてしまった私。

 "日曜はベルが鳴る前に"
  →https://youtu.be/NBJAOXl-OXA

どの曲も佳曲でしたが、何よりも知り合いの知り合いみたいな、まったく縁もゆかりもないEPOが、いつの間にか私の身近な人みたいな勘違いにおちいって、自分の通う学校で自慢していたのは、途轍もなく恥ずかしい思い出 アールくん汗

 "【なつかTV】オレたちひょうきん族ED DOWNTOWN EPO"
  →https://youtu.be/HNdTaJ5mnjg

これにも使われていましたよね (^^♪

そんなレベルで聴いていた本作の良さは、これからまた数年経って聴き直した際に気づく事になります。洋楽にのめり込んでいた私が、 大滝詠一さんや 山下達郎さんを聴く様になって、遅ればせながら "DOWN TOWN" が伝説のバンドSUGAR BABEのカバーだと知る事に。

そして、今現在も聴き続けているアルバムとなるのですが、次の楽曲は、私的には日本のポップスの名曲だと思っています。

 "語愛"
  →https://youtu.be/keQebDh5GCs

"見~届け~た~⤴い~ あなたのそ~ばで~♪" の "そ~ばで~♪" が鯖(サバ)に聴こえるのは、私の耳がおかしいのかな (^^;)

DOWN TOWN 001

出典:Amazon

ああ、でもいい曲だな。

EPOのその他の作品は、また改めてご紹介できればと。

●Tracks

01.DOWN TOWN
02.約束は雨の中
03.クラクション
04.日曜はベルが鳴る前に
05.語愛(かたらい)
06.メドレー:ポップ・ミュージック / DOWN TOWN
07.アスファルト・ひとり……
08.言い訳はしないけど
09.水平線追いかけて
10.珈琲タイム

●Personnel

EPO - Vocal, Backing Vocal

林 立夫 - Drums
島村英二 - Drums
上原 裕 - Drums
山木秀夫 - Drums
渡嘉敷祐一 - Drums
富倉安生 - Bass
岡沢 章 - Bass
伊藤広規 - Bass
岡沢 潔 - Bass
富樫春生 - Acoustic & Rhodes Piano
山田秀俊 - Acoustic Piano
清水信之 - Prophet 5 & Oberheim, Keyboards
乾 祐樹 - Keyboards
今  剛 - Guitar
松原正樹 - Guitar
椎名和夫 - Guitar
土方隆行 - Guitar
安川ひろし - Guitar
斉藤ノブ - Percussions
キムチ木村 - Percussions
ペッカー橋田 - Percussions
数原 普 - Trumpet solo on 02.
佐橋佳幸 - Guitar solo on 05.
土岐英史 - Sax solo on 07.
宮田茂樹 - Backing Vocals on 07.
竹内まりや - Backing Vocals on 08.

Producer - 宮田茂樹

COMMENTS

6Comments

There are no comments yet.

ももPAPA

こんばんわ♪

EPO 懐かしいです!
いわゆる、シティ・ポップと呼ばれたジャンルのサウンドですね。
松原正樹、今 剛、土方隆行  そしてバックVocalに竹内まりや
など、そうそうたるメンバーの名前もクレジットされてて今改め
て見ると凄いメンバーですね♪ 

管理人

管理人

ももPAPAさんへ

こんばんは~!
EPOは当時まだ女子大生だったとか。確かにこのミュージシャンのメンツを見ますと、
デビューアルバムから力の入れようが伝わってきますね。2ndからは山下達郎さんが
ガッツリ絡むようになります(^^♪

  • 2022/10/10 (Mon) 22:40
  • REPLY

ギターマジシャン

EPO

ひょうきん族のエンディングで流れた「ダウンタウン」でEPOを知り、当時はシュガーベイブバージョンを知らなかったので、あのカッティングのイントロがすごく印象に残りました。

LP時代にベスト盤を買ったら、「ダウンタウン」は別録音でイントロが違っていたので、CDになってからですが、このファーストを買って、耳に馴染んだイントロが聴けて満足しました。

デビュー前後に友人を通じて、すでに、このアルバムに親しんでおられたとは、シティポップの黎明期をリアルタイムで経験されていてすごいですし、何より、そんな身近にプロ歌手がいたのもすごい経験ですね。

EPOは「音楽のような風」も好きで、この頃だったか、次のアルバムの頃だったか、パール兄弟の窪田晴夫がバックバンドにいるライブを新宿厚生年金で見ました。

  • 2022/10/10 (Mon) 23:20
  • REPLY
管理人

管理人

ギターマジシャンさんへ

おはようございます。

EPOは先日、クイズダービーねたからひょうきん族をチョット絡めた際に、思い出しました^_^

生EPOを観てるんですね。私は若かりし頃、日本人はいつでも観れるが、海外アーティストは
ワンチャンかもしれないという、浅はかな自論のおかげで、数々の名演を逃しています(T . T)

因みに、念のため申し上げておきますと、私はEPOとは全くの縁もゆかりもない、しがない
サラリーマンでございます。

  • 2022/10/11 (Tue) 08:21
  • REPLY

SMO

懐かしい・・・

EPOは学生の頃やってたバンドメンバーの女の子が大好きで、よく聴かされていました(笑)
一番聴いたのはベタですが「Vitamin EPO」特にその中の「あなたを奪えない」という曲の大村憲司のギターが好きで、「う、ふ、ふ、ふ、」とか演らないけど、
これだったら演ってもいいよ(笑)と釣ってカバーしました。
それにしてもこのアルバムのレコーディングメンバー壮絶ですね。
オッサンお決まりの言葉ですが、「デスクトップでは作れない」最高の贅沢です。
とか言っていたら最近この頃のアルバムがZ世代に人気と聞いて笑います。

  • 2022/10/11 (Tue) 09:51
  • REPLY
管理人

管理人

SMOさんへ

「Vitamin EPO」! 売れましたよね。私は結構好きなアルバムです。
私的には2ndと次のミニアルバムは、かなり聴き込んでいるオススメの作品。

でもこの作品、ホント、バックの面子が凄すぎですよね。Z世代に何故にウケ
ているのか、何だか不思議ですが、イイ音楽は世代を超えて親しまれるって
事でしょうか^ ^

  • 2022/10/11 (Tue) 20:16
  • REPLY