自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

『私的にこの一曲!14』THE BEATLES編 PART.Ⅰ


  『私的にこの一曲!14』 

THE BEATLES編 PART.Ⅰ

ここ最近は急に気温が下がり、慌てて厚手の服を引っ張り出した今日この頃。まぁ、12月ですからね、これからどんどん寒くなりますね。

私は、今から42年前の12月にJohn Lennonとの出会いと別れを同時に経験し、それからTHE BEATLESに興味を持ちはじめました。それまでは邦楽一辺倒だった私が、あっという間に洋楽にのめり込む事にもなります。

当時、同じキッカケでTHE BEATLESや洋楽を聴き始めた友人もいましたが、お兄さんやお姉さんがいる人は、既に洋楽を聴いていたりして、後者の方々は、私にとっては貴重な情報源であり、音源の入手先だったりしました アールくん笑顔

そんなある日、クラスの秀才E君から声を掛けられる事がありました。それまでは殆ど会話をしたことの無かったクラスメイトでしたので正直驚いでしまいましたが、こんな感じの会話だったと記憶しています。

E君:「ビートルズが好きみたいだよね?」
私 :「えっ? まぁそうだけど、E君も聴くの?」
E君:「うん、姉貴が好きで自然と僕もって感じなんだけど。ところでビートルズの曲では何が一番好き?」
私 :「ええ、"HELP" とか "A HARD DAY'S NIGHT" とか "YESTERDAY" とか "TICKET TO RIDE" とか、う~ん、絞り込むのは難しいな」

意外な人から、まだ聴き始めて間もないTHE BEATLESの事を聞かれて、嬉しくなってしまった私は一気に親近感を持ったのは言うまでもありません。

私 :「ところでE君は何が一番好きなの?」
E君:「僕はね...」

THE BEATLES 002

 "DON'T LET ME DOWN" Rooftop Concert
  →https://youtu.be/NCtzkaL2t_Y

"DON'T LET ME DOWN"??? 『NEW HORIZON』を読んで英語の授業を受けていた若者が、"DON'T LET ME DOWN" を一番好きな曲に挙げること自体、今思えば大人びた子だなと思ったりしますが、何よりも私は当時 "DON'T LET ME DOWN" という曲を全く知りませんでした (;゚Д゚)

"And if somebody loved me she do me, Ooh, she do me, Yes she does.(たとえ彼女のように愛してくれる女性が過去にいたとしても、彼女ほどではなかった)" なんて歌詞にもある通り、JohnがYokoへの想いを率直に歌った楽曲でして、シングル盤 "GET BACK(1969)" のB面に収録されていました。"DON'T LET ME DOWN(がっかりさせないくれ)" と懇願するように繰り返すリフレインは、当時Yokoにぞっこん(振り回されていた?)だったJohnの心情が伝わってくる佳曲。

THE BEATLES 004

出典:Amazon

本曲は当初TVショウとして公開する予定だった『GET BACK SESSION』中にレコ―ディングされ、いくつかのテイクが存在しています。

 "DON'T LET ME DOWN(Take 2) " Rooftop Concert
  →https://youtu.be/OIQNEv3XfAE

スタジオのありのままを見せるといったコンセプトから始まった『GET BACK SESSION』は、四六時中カメラが回っている撮影状況になるわけで、メンバーはストレスが溜まり、我慢の限界に達してしまったそうです。

現場復帰の条件をメンバーが色々と提示する中、George HarrisonがBilly Prestonの参加を条件提示するんです。それが功を奏して、本曲もそうですが、Billy Prestonが奏でるエレピの音色が、数々の名曲に花を添える事に !(^^)!

THE BEATLES 005 THE BEATLES 006

クラスメイトのE君はその後、とんでもなく偏差値の高い進学校にすすみます。E君から教わった数々の大人びた楽曲の良さは、お酒を呑みながら音楽を聴く年頃になって、ようやくわかるようになりました (^^♪

 "DON'T LET ME DOWN"
  →https://youtu.be/EyHKuyGsu4U

John:「Can you dig it?」
私  :「ええ、最高っス!」

COMMENTS

17Comments

There are no comments yet.

SMO

触れません(笑)

こんばんは。
ビートルズの楽曲やアルバムのことは、始めるときりがないので(笑)

中学、高校の頃、E君とのエピソードのように、自分も隣になった友達との音楽の話の思い出はたくさんあって、自分のところでも何度も話題にしました。当時の教室の風景を思い出しながら、次の世代である自分の娘たちを育ててみてつくづく思うのは、音楽好きにとっては、あの頃の子供で良かった・・・ということです。大人になってからもバンドとか続けてきたせいか、娘以外にも若い世代と関わる機会が多かったのですが、下の世代見ててとにかく思ったのが、みんな聴くものが、数パターンはあるものの、同じなんです。それと遡らない。遡らないから、自分が日頃好きと言っているアーティストのルーツがそこにあることも知らず、知らないのはいいとして、その影響を受けている音楽を古臭いとバカにしたりする始末。こういう場面何度となく見てきました。
今、70、80年代の音楽が評価されていますが、「それ見たことか」という感じですね。

つまらないことを思い出しました。失礼しました・・・

  • 2022/12/05 (Mon) 23:06
  • REPLY
管理人

管理人

SMOさんへ

こんばんは。
冬の訪れとは真逆の熱いコメントに感激しています。そして諸々激しく同意。特に音楽の遡り、好きなバンドやアーティストのルーツや横のつながりを、雑誌で読んだり、人伝に聞いたネタをもとに、レコード屋さんでワクワクしながら盤猟する楽しさ。もう帰宅して速攻でレコードに針を落とす瞬間。それが当たりだった時のゾワゾワと全身に鳥肌が立つほどの感動。ライナーノートの系譜図に隈無く目を通して、「えっ!?この人、このバンドにいたんだ」的な新たなネタに興奮...今は、ネットであっという間に、情報も音源も入手できますので、そういう楽しみ方は無いのかな。因みに秀才のE君とは卒業してから一度も会うこともなく現在に至りますが、彼と出会ってから、知ったかのカッコつけで、好きな曲は” DON'T LET ME DOWN"と語っていました^^; 現在はホント好きですけど。

  • 2022/12/06 (Tue) 00:46
  • REPLY

jacktera

超難問

何が一番好きなの?どのアルバムが一番?ジャケットは?等々・・・この手の質問に答えられず
濁すに事にしてます。(笑)

自分もビートルズ聞き始めた頃に同級生の家に行きレコードを聞きながら盛り上がったりレコードの
貸し借りをお互いにした事がありました。その後疎遠になった友人ですが、あの頃の記憶はとても
良い想い出です。アナログでしたけど良い時代に音楽に接する事が出来たとSMOさん同様に自分も
思います^^

管理人

管理人

jackteraさんへ

"何が一番好き?"...THE BEATLESの場合は、ホント超~難問ですよね。

秀才のE君とは、THE BEATLESを好きにならなかったら、おそらく親密にはならなかった訳で、その後もTHE BEATLESを介して仲良くなった友人、同僚が結構います。ベタな話しですけど、改めて"音楽"をずっと聴いてきて良かったなぁって、あっ!jackteraさん、SMOさん、ブログでつながっている皆さんも正にそうですよね(^^♪

  • 2022/12/07 (Wed) 00:49
  • REPLY

SMO

またまた登場(笑)

こんにちは。何度もすみません・・・
お二人のおっしゃる通りですよね。どんな趣味でも同じだと思いますが、同じ学校や職場の仲間とだけの付き合いだけで終わらなかったことも、過ごした時代と同じく幸せでした。自分なんか酒飲まないのでもっと極端で(笑)同級生、同僚との付き合いの方が、音楽仲間、ネット友達より少なかったくらいです(これはこれで問題?笑)今のブログ始める前の「HP」の時代にはもう、1年に1回本当に会ってしまう生身の付き合いにまでエスカレートしてましたから(笑)みなさんもリタイア後は、ますます大切な付き合いになりそうです。
今のブログ始めてから、こういう話題になると、嘘みたいにタイムリーな出来事が起きるのですが、実は昨日もこの話題を思い起こさせる出来事がありましたので、自宅に書き記しておきます(笑)

  • 2022/12/07 (Wed) 11:30
  • REPLY
管理人

管理人

SMOさんへ

こんにちは!

SMOさんさえ宜しければ、何度でもお越しください(^^)

しかし、皆さんのブログ歴は凄いな。私もマイペースで、細ほぞと綴っていきたいと思います。

「嘘みたいにタイムリーな出来事」?

後ほど、新記事拝読させていただきまーす。

  • 2022/12/07 (Wed) 13:29
  • REPLY

Beat Wolf

私がビートルズに興味を持ったのはジョンの死

…ではなく、それから数年後でした。(笑)
でも「DON'T LET ME DOWN」ですか…ずいぶん早熟な少年ですね。
ビートルズの最大の魅力は捨て曲が無いことで、私はいまだ何が一番好きと問われても答えに困るぐらいいい曲だらけですが、「DON'T LET ME DOWN」ではないことは確かです。

  • 2022/12/07 (Wed) 21:14
  • REPLY
管理人

管理人

Beat Wolfさんへ

こんばんは。

秀才のE君は、早熟だったのか?実は背伸びをしていたのか?いずれにせよ"DON'T LET ME DOWN"って選曲は、なっかなかですよね。でも、そんなやり取りが一生記憶に残ることになるほど、私にはセンセーショナルな思い出でした。

でも、一番好きな曲は?と聞かれてたら...私も違うなぁ。無論、好きですけどね(^^)

  • 2022/12/07 (Wed) 21:56
  • REPLY

ギターマジシャン

ビートルズ

ビートルズについては、どこから書いて良いのか、いろいろなことが浮かんできます。

中2の夏休みに、映画の3本立てを見に行かないかと友人に誘われて、「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」「ヘルプ」「レット・イット・ビー」を見て、すぐにLPも借りて大ファンになりました。

「レット・イット・ビー」は別人のようになった風貌と、曲調も変わったと感じて、最初の頃は赤盤の頃ばかり聴いて、青盤はなじめなかったので、「ドント・レット・ミー・ダウン」が一番お好きだったというのは早熟な中学生のように感じます。

ファンが悲鳴をあげて追いかける場面に、「これは、ギターを弾いたら、女の子にもてるぞ」と思い、キカイダーがギターで変身するからと買ってもらったまま、押し入れにしまってあったギターを真剣に練習するようになり、今の自分があります。
(どんどん長くなりそうです・・・)

  • 2022/12/08 (Thu) 07:17
  • REPLY
管理人

管理人

ギターマジシャンさんへ

もう皆さんの共通点として「語り尽くせない」、「何が一番なんて決められない」...私もです。リアルタイムで聴いてこられた世代の方々はそれ以上なんでしょうね。

しかし、凄い3本立てですね。私も下高井戸や三軒茶屋にあったリヴァイバル映画館によく観に行きました。安い値段で何本か観れるので、お得でしたよね。まだ映画館あるのかな。

そうです、そうです、聴き始めた頃は私も赤盤の範囲ばかりを聴いてましたので、秀才E君の選曲には目が点でした。

キカイダーは赤いギター、ズバットは白いギター(しかもクラッシックギター)、あの頃はそれがカッコいいと本気で思っていた子供でした。恥ずかしくも懐かしい^_^

  • 2022/12/08 (Thu) 08:42
  • REPLY

akakad

It's All tom Muchが1番好きです
構成がしっかりしていて美しいので
アルバムはイエローサブマリンのA面とリボルバーです
ただしタイトル曲のイエローサブマリン自体はそんなに好きとは言えないですけど

管理人

管理人

akakadさんへ

"IT'S ALL TOO MUCH"...シブいところ突いてきますね。
George Harrisonがイっちゃってる時の曲ですよね。サイケというよりかアシッド系的なところも感じます。
akakadさんは「REVOLVER」のスペシャル・エディションは購入されたんですか?欲しいんですけど...どうしようかな。

  • 2022/12/17 (Sat) 23:05
  • REPLY

akakad

通常版だけでいいかなと
60年代のイギリスで掘り出し物を買うとしたらThe Kinksくらいですね

akakad

通常版だけでいいかなと
60年代のイギリスで掘り出し物を買うとしたらThe Kinksくらいですね

管理人

管理人

akakadさんへ

ああ、久しぶりにTHE KINKSでも聴こうかな。また新記事一気にUPされましたね。
ちょこちょこと拝読させていただきまーす!

  • 2022/12/18 (Sun) 00:35
  • REPLY

akakad

今思い出したんですけど今回掲載したGeorge BensonのGuitar Manに収録されてるI Want To Hold Your Handはビートルズのカバーでした
ジャズの大御所によるギターインストアレンジでリラックスできるいい出来でした

管理人

管理人

akakadさんへ

"抱きしめたい"と身構えて聴いてもなかなか原曲がわからない(^^;
でも、ホント心地いいです。

  • 2022/12/19 (Mon) 00:49
  • REPLY