自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます。80年代の洋楽が多くなりそうです。

SIMPLE MISSION

CATEGORYGLASS TIGER

SIMPLE MISSION / GLASS TIGER(1991)

SIMPLE MISSION SIMPLE MISSION


今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、GLASS TIGER 3枚目ののアルバム「SIMPLE MISSION」となります。

以前綴らせていただいた1stアルバム「 THE THIN RED LINE 傷だらけの勲章(1986)」は、いきなり全米第2位の快挙を成し遂げてしまった彼ら。そんな彼らは1982年にカナダのトロントで結成されたバンドでして、結成当時はTOKYOと名乗って活動されていたとか (;^_^A

1988年には2ndアルバム「DIAMOND SUN」をリリースして、誰もが順風満帆と思っていましたが、この2ndアルバム、母国カナダでは最高位6位となりますが、アメリカではデビュー時ほどの成績は収められていません。というのも、彼らは本国ではEMI傘下のキャピトル・レコードと契約していましたが、カナダ以外での販売権を獲得していたのはマンハッタン・レコード。
そのマンハッタン・レコードが他のレコード会社と統合されることになり、彼らはこのゴタゴタにガッツリ巻き込まれる事になってしまいます。その最中でリリースされた2ndアルバムは満足なサポートも受けられず、商業的には惨敗を期す事になるんです。
でもですね、その「DIAMOND SUN」もかなりの良盤です !(^^)! また改めてご紹介させていただければと。

で、それから3年の月日が経ち、私的には突然降ってわいてきた感じのリリースとなった本作。カナダでは密かに?一足早く、1990年にリリースされていたようですが、たまたま立ち寄ったCDショップに陳列されていたのでビックリ。

SIMPLE MISSION 001

 "BLINDED"
  →https://youtu.be/zk4IJnr73yk?si=H8BqxXBqm5qEKidx

全然イイじゃん! 秀悦なメロディラインは相も変わらずで嬉しい限り。しかも前2作よりロック色が強めになっていて私好みに仕上がっています。でも、メンバー(Dr)がひとり減ってるな。色々あったね、おそらく。

 "ANIMAL HEART"
  →https://youtu.be/WHnk2mzAd5k?si=SFttB8_fv22DSe4K

 "THE RHYTHM OF YOUR LOVE"
  →https://youtu.be/Ri3YgSR7z5k?si=3gI4Ur45HijGUDlF

 "(SHE SAID)LOVE ME LIKE A MAN"
  →https://youtu.be/BkicADl_PsA?si=kplUcNsdTX48WGDM

プロデューサーはTom Wermanが主軸となって、彼の人脈でしょうか? とんでもないメンツがサポートにまわり、起死回生を狙った事がよく分かります。そして、出だしはな~んか普通だなぁって感じても、サビメロではしっかりと惹きつけられてしまう楽曲ばかり。流石GLASS TIGERだな アールくん笑顔

SIMPLE MISSION 002

本作の目玉は次の楽曲でしたね。一緒に歌っているのはRod Stewart! 本曲のプロデュースをTom Wermanと一緒にお仕事されているのがJim Creganでして、彼はかつてRod Stewartのバックでギターを弾いていたベテランのミュージシャンだった事からの共演でしょうか?

 "MY TOWN"
  →https://youtu.be/X4K10rVZaJk?si=DOvdLhXZMafD4onY

私の勝手な思い込みですが、ボーカルのAlan Frewはスコティッシュ・カナディアンなんだそうで、そんな訳でこのメロディにRodの歌声が違和感なく乗っかっているんじゃないかと。コレ、Rodがソロで普通にリリースしてたら売れましたよ、きっと。

で、次...私的に胸に染み入る推しの1曲です (^^♪

 "RESCUED(BY THE ARMS OF LOVE)"
  →https://youtu.be/plPg3RUTExI?si=7k3oD5HrVwCK7DXj

カナダでは最高位11位、そしてシングルカット4曲がカナダでトップ10入りを果たしていますので、母国では安定した人気がありましたが、バンドとしては1993年にベスト・アルバムをリリースして、一旦アルバム・リリースから遠ざかることになります。

さて、しつこくカナディアン・バンドを続けてご紹介させていただきましたが、まだまだ沢山の良質なバンド、アーティストの作品があります。それらはまた改めてご紹介できればと。

●Tracks

01.BLINDED
02.ANIMAL HEART
03.LET'S TALK
04.WHERE DID OUR LOVE GO
05.MY TOWN
06.THE RHYTHM OF YOUR LOVE
07.SPANISH SLUMBER
08.SIMPLE MISSION
09.STAND OR FALL
10.RESCUED(BY THE ARMS OF LOVE)
11.ONE TO ONE
12.ONE NIGHT ALONE
13.(SHE SAID)LOVE ME LIKE A MAN

●Personnel

Alan Frew - Vocals
Al Connelly - Guitars
Wayne Parker - Bass
Sam Reid - Keyboards

Tony Thompson - Drums (except tracks 04 and 06)
John Keane - Drums (tracks 04 and 06)

Tom Kelly - Backing Vocals
Tommy Funderburk - Backing Vocals
Rique Franks - Backing Vocals
Jeff Scott Soto - Backing Vocals
Mark Free - Backing Vocals
Paul Rafferty - Backing Vocals

Maria Del Rey - Spanish voice
Rod Stewart - Vocals on "MY TOWN"

Jim Cregan - Acoustic Guitar on "MY TOWN"
Tim Pierce - Additional Guitars
Jim Vallance - Additional Keyboards on "ONE TO ONE"
Gary Herbig - Saxophone Solo on "WHERE DID OUR LOVE GO"
Alex Acuña - Extra Percussion
James Newton Howard - String Arrangement on "WHERE DID OUR LOVE GO"

Producer - Tom Werman
track 05, Produced by Tom Werman & Jim Cregan
track 07, Produced by Sam Reid
track 11, Produced by Tom Werman & Jim Vallance

COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

水津 浩志

グラスタイガーは、
バンド名をうっすら覚えてる程度だったので
新鮮に聞かせて頂きました!

サビの部分の覚えやすさ、厚めのコーラス
メロディアスですなぁ〜👍

  • 2024/02/12 (Mon) 04:55
  • REPLY
管理人

管理人

水津 浩志さんへ

そうなんですよ、川崎さんって古い!
1stは結構売れてヒット曲もあるんですが、あまり覚えている方、
少ないんですよね^^;

いいメロディですよね〜^_^

  • 2024/02/12 (Mon) 06:41
  • REPLY