自分好みの大好きな音楽を、思い出や思い込みを絡めて好き勝手に綴っていきます

CONCRETE KILLERS

CATEGORYSHOK PARIS

CONCRETE KILLERS / SHOK PARIS(1989)

CONCRETE KILLERS CONCRETE KILLERS

今回ご紹介させていただくバンドのアルバムは、SHOK PARISの3rdアルバム「CONCRETE KILLERS」となります。

皆さんは1988年に公開された映画「ヒドゥン」はご覧になったことはありますでしょうか?

CONCRETE KILLERS
『ヒドゥン』https://youtu.be/bl-iB4WAB0o

極悪エイリアンを宇宙から追ってきたエイリアン刑事(Kyle MacLachlan)が地球の刑事と組んで追跡する、ユニークなSFアクションバディもの。

善良な市民が極悪エイリアンに寄生されて突然、殺人や強盗を繰り返す訳ですが、スーパーカーを強奪し、HR/HMをガンガンかけまくって逃走する際に流れてくるのが、SHOK PARISの"ONE YOUR FEET"だったのです。

これがまた滅茶苦茶カッコいい曲でしたので、調べて探したところ、2ndアルバム「STEEL AND STALIGHT」に収録されている事がわかり、後ほどレコード盤を購入した次第(国内盤未発)

そして満を持して(私的に)国内盤デビューとなる本作ですが、ヨーロピアンな正統派ヘビー・メタルは前2作から一貫していますが、さらにメロディアス度合いがアップ!

CONCRETE KILLERS

Ron Keelと人見 元基を足して2で割った感じの熱いボーカルと、ツインギターを最大限に生かしたリフやソロ、何より速弾きなどのテクニックに走らない、Michael Schenkerからの影響を感じさせるギター・スタイルも私好みでした。

ライナーノートを書かれたキャプテンこと和田誠さんは大変良い感じの内容でしたが、ヘビー・メタル専門誌ではS氏にこき下ろされていました (´・_・`)

でも、この曲は胸にグッとくる佳曲です。

 "THE HEAT AND THE FIRE"
  →https://youtu.be/aObj6eFjoq8

確かに、全体を通して聴きますとつまらない曲もある、決して名盤などと呼べる内容ではありませんが、正統派であることの美しさを感じさせる、私的にお薦めのアルバムです。

CONCRETE KILLERS

前2作につきましても、また改めてご紹介できればと。

余談ですが、Kyle MacLachlanと言えば、David Lynch監督の「ツイン・ピークス」が大好きですが、Oliver Stone 監督の「ドアーズ」で、The DOORSのRay Manzarek(Key)役はそっくりかつ好演でお薦めの映画です。

●Tracks

01.THE AMERICAN DREAM
02.THE HEAT AND THE FIRE
03.AWAY TOO LONG
04.HOLD OUT
05.IN THE DARK
06.GET IT RIGHT
07.FIND A WAY OUT
08.MEMORIES
09.ONE WAR WITH THE WORLD
10.WINDOWS
11.CONCRETE KILLERS

●Personnel

Vic Hix - Vocals
Ken Erb - Guitars
Eric Marderwald - Guitars
Kel Berkshire - Bass
Danny Simmons - Drums

Produced - Kevin Beamish

COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

グラハムボネ太郎

ありがとうございます

久しぶりに聴いたぁ!!
忘れてしまいましたぁ!!
声がキールなんで、好きなタイプではないんですが、いい曲だったなぁと。
ここで読まなかったら一生記憶の外だったかもしれないバンド

  • 2021/04/05 (Mon) 05:31
  • REPLY
管理人

管理人

グラハムボネ太郎さんへ

熱いボーカルと綴りましたが、暑苦しい?当時DIOっぽいなどと各方面では
表現されていましたが、「おいおい」と独り言を言ってました(笑)

  • 2021/04/05 (Mon) 07:15
  • REPLY